PWB実装サービス:A/Wデザインから実装組立まで一貫したサービスを提供

プリント基板、PWB、電子基板の 設計・実装、ハードウェアの設計・開発・実装

TOP > PWB実装サービスの利用法


PWB実装サービスの利用法

プリント配線板製作の部品標準化と在庫(工場在庫検索サービス提供)、A/Wデザインから実装組立まで一貫したサービスをご提供致しております。
これらの仕組みを活用した場合、「A/Wデザイン−プリント配線板製作−実装組立」の全工程を最短実働8日間で達成可能です。
作業者の作業スピードに依存する短納期化ではありません。仕組みで創る短納期化の実現です。

受注前の一連の流れ

プリント基板実装のご案内 プリント基板設計開始 実装部品情報 基板実装費用明細 基板実装開始 完成までの流れ  

検査工程

基板実装サービスの利用方法

Q1.基板実装サービスとは、その特徴は

A1 基板実装デザインから部品実装組立までの全工程をワンストップで提供するサービスです。
実装部品は常備在庫する標準実装部品を活用することで、スケジュール管理のネックとなる半導体などの実装電子部品の集荷調整を解消する仕組みです。
基板実装専用の在庫部品すべてSMDです
 
  ・実装在庫部品情報の提供
部品マウンタ用の実装リール部品サイト内にて詳細な情報をご用意しています。
開発設計の際にご活用頂けるように常に最新の実装在庫部品情報を掲載しています。
一部の通販サイトにみるオリジナルで一般に入手しにくい部品はありません。すべて流通している標準実装部品で、お客さま側でも入手可能な部品構成です。
価格も正規ディーラーから仕入れる量産を視野に入れたコスト対策の実装品です。
( 試作少量など短納期達成のため流通在庫を活用する場合はこの限りではありません)

部品マウンタ用の実装リール部品

部品調達

Q2 見積予定額はすぐ出ますか

A2
・基板実装費用などの事前調査
実装価格表( 自動お見積もりシステム) で概算実装費用のご確認、実装部品構成の概略で、お客さまご自身で確認できます。不明点やご質問などを承ります。

実装費用自動見積り

Q3 実装予定納期は何日ぐらいですか

A3
・ご発注の範囲
 
1.実装設計 お客さま仕様に基づき実装デザインを開始します。
実装配置した部品レイアウトをPDF ファイルにて提出します。
外観と実装レイアウトの概要をご確認いただきお気づきの点はご指摘下さい。
( この時点の実装部品移動に原則費用が発生しません)

実装結線完了のPDFファイルとネット情報を提出します。
不備やご指摘に応じた修正を加え再提出します。
( お客様側の事情にて実装部品の移動などが伴う場合は別途費用が発生することがあります)
その後、検図のご承認を頂きます。
この時点で実装デザイン費用のご検収をお願いします。
平均所要日数
作業日数1〜7日
    +
お客さま検図ご承認の期間
2.プリント基板製作開始

実装部品のご発注をいただいている場合はこの時点で実装部品集荷が進行しています。
基板完成のスケジュールにあわせた実装の準備に着手し最終納期の調整に入ります。
プリント基板完成時点でプリント基板製作費用のご検収をお願いします。

お支払いはご発注時の条件に基づき実行してください。

最短2日〜標準7日
3.部品実装

部品実装の開始。

この時点を最終期日にして実装部品の集荷を終えます。
メタルマスク製作、マウントデータ作成も完了しています。
基板実装後のインサーキットテストの準備。

最短1日〜標準7日
4.実装完成出荷 宅配便利用の場合梱包も基準通りに、宅配便はヤマト便を利用します。
出荷発送日を以て納期のお約束日となりますので、お手元に届くまでの所要日数はご利用の宅配業者にお問い合わせください。
  PWBワンストップサービスご利用の場合、全工程で最短実働8日で出荷できます。
通常扱いの場合でも約30日間以内で出荷可能です。

Q4 正式な実装費用見積と納期が知りたいのですが

A4
・正式お見積もりのご確認
以下の資料をご提示いただくことで正式お見積もりをお出しします。
 
(お客さま設計CAM データ)
・回路図及びネットリスト情報
・実装部品構成表
・プリント基板外形及び構造に関する仕様
情報はすべて電子データでお願いします。
CAMデータの出力はPDFとテキスト形式
型式表示に省略の無いフル表記とメーカー名
テキスト、Excel 、Word 、一太郎など
( 手書きのコピーやFAX シートはお受け出来ません)
基板実装サービスのお見積もり 基板実装デザイン費用
プリント基板製作費用
部品実装費用
実装部品費用( 提供する部品情報に基づく範囲とします)
  指定の資料に添えて必要なお見積もり範囲をお知らせ下さい。
後ほどお見積書をお送りします。

Q5 サービスの部分利用は可能ですか?

A5
・正式お見積もりのご確認
以下の資料をご提示いただくことで正式お見積もりをお出しします。
 
ご発注範囲のご選択 お問い合わせは随時承ります。
詳細ご説明などお打合せのご用命をいただけば弊社お客さま係がお伺いします。
ご発注のまえに お取引先調査票用紙にご記入とご署名をお願いします。
お客さま側のお取引条件を承りお引き受けできるかどうかの返事を差し上げます。
  ご要望の範囲に沿ったサービスを任意に選択してください。
但し、在庫実装部品単独の販売は予定しておりませんのでご了承下さい。


Q6 実装電子部品だけほしいのですが

A6 現在ショッピングカートをご用意中です、準備が出来ましたらご案内します。


Q7 基板実装依頼のとき用意しなければならない資料

A7
(お客さま設計CAM データ)
・回路図及びネットリスト情報
・実装部品構成表
・基板外形及び構造に関する仕様
情報はすべて電子データでお願いします。
CAMデータの出力はPDFとテキスト形式
型式表示に省略の無いフル表記とメーカー名
テキスト、Excel 、Word 、一太郎など
( 手書きのコピーやFAX シートはお受け出来ません)
基板実装サービスのお見積もり 基板実装デザイン費用
プリント基板製作費用
部品実装費用
実装部品費用( 提供する部品情報に基づく範囲とします)

Q8 注文数量の規定などありますか?

A8 ご注文頂く際の数量に制約はありません、試作評価など1台から承ります。

Q9 進行状況を知ることが出来ますか?

A9
基板実装デザインの進行は、部品配置案が終了した時点を、 また、最終ご承認図の提出時点と検収ご確認をもって工程の終了となります。
プリント基板製作の工程は投入と完成時点で予定表との照合結果をお知らせします。
また、お問い合わせ下さればその時点の進捗状況をリアルタイムでお知らせできます。

Q10 設計変更への対処は可能ですか

A10
プリント基板製造工程以前の変更はいつでも可能です。
また、基板実装工程における改造や実装部品の変更など必要な変更にはどの時点からでも承ります。

Q11 在庫情報にない実装部品はどのような扱いになるのでしょうか?

A11
・実装部品在庫情報の選択の仕方
部品選択の際には、機能互換をご確認の上、在庫情報より選択していただくことで必要な情報の提供がスピーディーに運びます。
誤りや選択のミスマッチを防ぐ意味で、お客様側で正確な品名に置き換えお問い合わせください。
部品費用、在庫数量や納期について、回答までの所用期間は下記の順で差が出ます。
在庫情報以外の実装部品品種が多い場合は、その調査をお引き受け出来ない場合があります。1.在庫情報の実装部品
2.主要推奨メーカーの部品
3.お客様任意の部品
在庫情報より代替品を選択することをお薦めしますが、代替困難な場合は別に掲載する部品カテゴリ別メーカーから選択頂くことで、早いレスポンスをお約束します。

・部品カテゴリー別主要推奨メーカー
 
メーカー名/カテゴリ 抵抗 キャパシタ インダクタ T R / D コネクタ P L D 標準I C リニア 電源I C 発振子
東芝           panasonic
ルネサス           キンセキ
S I I                  
新電元                
ローム            
コーア                
ススム                  
横浜電子                  
アルファ                  
ムラタ                
ニッケミ                  
T D K                  
スミダ                  
スタンレー                    
日圧                  
ヒロセ                  
オムロン                  
J A E                  
コパル                    
アナデバ                
リニテク                
L A T T I C E                  
アルテラ                  
ザイリンクス                  
マキシム                  
インターシル                  
T I                  
モトローラ                

お問い合わせ