プリント基板、PWB、電子基板の 設計・実装、ハードウェアの設計・開発・実装

プリント基板、PWB、電子基板の 設計・実装、ハードウェアの設計・開発・実装

TOP > 相信のトレーサビリティ


相信のトレーサビリティ

万が一製品の品質に問題が生じた場合、問題がどこにあったのかをいち早く解明し、解決を図る為にも、作業の各工程の記録が残されている事はとても重要です。

相信では全ての受注物件は注文毎に作業番号が付番され、その番号で管理されます。
(リピート品であっても、注文の時期が違えば作業番号は異なります)

作業番号毎に「作業工程連絡書」が発行され、実装の準備段階から梱包・出荷までの一連の作業記録が担当者名と併せて記録されます。
作業記録の他に次の工程への連絡事項も記載され、情報の共有がスムーズに行われるように図られています。

これは製造終了後、少なくとも3年間は保存され、後日の問い合わせや調査の資料として参照出来るようになっています。
 
   
作業工程連絡書

相信で調達して搭載した電子部品に関しても、購入時期、仕入先の情報等は作業番号で一元管理される為、後日の追跡が可能です。


実装現場の日々の取り組みへ


お問い合わせ