REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

機器制御回路基板

機器制御回路基板

実装基板サイズ:256㎜×140mm

構造:2L

材質・板厚:FR-4 t=1.6mm

実装形態:1DS

実装上の特徴:電極間ピッチ0.5㎜ 64Pin TQFPデバイス

詳細

現在、工場にてSMD実装中のこちらの基板、シルクにちょっとした特徴があります。

シルクとは、基板に印刷された白い文字のこと。実装される部品の場所が表記されています。いわば部品の「住所」のようなもので、シルクと部品表を見れば「どこにどの部品が実装されるか」が分かるようになっています。

シルクは見づらくならないよう、「スッキリ」「分かりやすく」表記することが大切。そのため、部品名は略してアルファベットで表されます。

部品名とシルク名の関係
Cはコンデンサ、Rは抵抗、Uは集積回路など、頭文字を使うことが多いです。

さて、本日クローズアップした基板、日本語表記のシルクも確認できますね。

シルクの日本語表示
これは、エンドユーザーがこの基板を使うためです。電源のON/OFFやセンサー表示の確認など、機械の制御盤として使用されるこちらの基板。日本語で書かれたシルクは、エンドユーザーが使いやすくするためのものなんです。

ポイント

マウンターでのSMD搭載を終えた基板から、順次リフロー工程に入っています。

リフロー工程中の基板

(基板実装10416)

お問い合わせはこちら