REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

リモート制御基板インサーキット検査

リモート制御基板インサーキット検査

  実装基板サイズ 50㎜×30㎜
    構  造 4L
       材質・板厚 FR-4 t=1.6㎜
       実装形態 2S+D SMD・DIP混載実装
      実装上の特徴 電極間ピッチmm 44pin TQFPデバイス

詳細

インサーキットテスタによる実装検査方式
APT-8400は4検査ヘットを持つ接触式実装検査装置です。
全はんだ検査ポイントを座標値で展開しテストプローブを接触させます。予め良品のデータ値を持ち、各々を比較判定する仕組みです。デフォルトで持つ検査基準値のしきい値をカスタマイズすることで精度を向上させます。AOIによる外観検査に加え電気的検査値を動員して信頼性を高めると言う考え方が今日の運用方式の一つです。

ポイント

検査データの編集に時間を要し、条件により生産性で不利になるケースもあります。スピートに優る光学検査方式に加え、電気的な検査方式で信頼性を向上させると言う運用が特徴です。

同じカテゴリの現場レポート

機器操作ユニット用回路基板

後工程を考慮したA/W設計が生産性向上やコストメリットにつながります

お問い合わせはこちら