REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

アナログ入力 基板

アナログ入力 基板

 

実装基板サイズ:160㎜×160㎜

構  造:2L

材質・板厚:FR-4 t=1.6㎜

実装形態:1S+D SMD片面実装 リード挿入

実装上の特徴:2層基板 単面/シート

 

 

 

 

 

詳細

完成後の最終検査の風景。

PWB中央には端子台TS-125Pキムデンが写ります。

上部には基板搭載型DC-DCコンバータの実装位置を示すシルク印刷が見えます。

コンモジュールは、お客様の事情によりこの度は実装いたしません。

ポイント

PWB端に極数の多い端子台が実装されます。

このケースでは、TS-125Pシリーズ端子台14Pロングサイズのため、フロー半田時の熱でPWBが反り返ることで端子台中心部とPWBとの間に浮き(隙間)が発生するので、対策を要します。

中心部の電極を、あらかじめ手半田にてPWBと固定し、なおかつフローソルダーリング時に溶融しないようにマスキングしています。以上の対策で成功します。

 

 

同じカテゴリの現場レポート

電源回路基板

オンボード電源 SUCS62405

お問い合わせはこちら