REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

マウントデータの作成

マウントデータの作成

 

 

 

 

 

 

 

詳細

基板実装に必要なものとして、部品表、実装図、メタルマスクデータ、そしてマウントデータがあります。

中でもマウントデータは、お客様からお預かりした様々な部品情報から、マウンターに必要な情報を取り出して、部品の搭載位置を認識させるデータです。

頂いた部品表などのCMPファイルから、ロケーション番号やX(横軸)Y(縦軸)座標、角度などを取り出し、自動実装機で読み込むための正確な部品名を入力していき、HRCファイルに変換します。

ポイント

マウントデータの作成は、メタルマスク作成とほぼ同時に行う、基板実装の第一の工程です。特に抵抗やIC部品と違い、セラミックコンデンサなどは部品番号の記載がほとんどないため、誤って実装したあとの確認は困難です。

PC上の作業でありながら、データの作成には慎重さが求められます。

同じカテゴリの現場レポート

複合面付け基板・量産時の工夫

複合面付実装基板

お問い合わせはこちら