REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

チップマウンターの調整

チップマウンターの調整

 

 

 

詳細

マウントデータの編集と調整作業は、基板実装を始める前に必ず行う工程です。部品の位置情報であるマウントデータを読み込み後、テープフィーダーに取り付けられたチップ型の部品を、マウンターのヘッドが問題なく吸着し、適切な位置で基板に搭載することが出来るか、モニターを使って高さや位置を調査、確認します。

ポイント

問題が見つかった場合は、テープフィーダーの送り位置がずれていないか等、モニターで詳細を確認し修正します。以前のデータが残っていてエラーなどが生じると、修正にも時間がとられます。自動実装であっても、基板によって微妙な調整が生じることも多く、必要な場合は手作業での補正も行います。品質を保ち、不良なく実装するために欠かせない工程です。

同じカテゴリの現場レポート

排熱処理に工夫した筐体組立・配線①

4チャネル分の電源、温調器が収容された筐体の組立・配線

お問い合わせはこちら