REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

筐体製作後の検品作業

筐体製作後の検品作業

 

 

 

 

 

 

 

詳細

本件は、厨房用温度制御機器の回路設計、製造から筐体製作まで、製品化のあらゆる場面でお任せいただいた製品です。写真は、ひと回り小型にカスタマイズ対応した製品を検品している様子です。
検品作業では、板金の傷や汚れ、蝶番部の溶接具合、寸法、塗装、色の正誤、穴の大きさなどを細かく検品します。
100台の量産となるため、検査をする際は、検査項目の知識に精通することが重要となります。

ポイント

カスタマイズ前は、筐体の背面に高さを持たせ配線を通していましたが、今回は筐体内部の基板裏に高さをだして筐体内部に配線をまとめています。 壁に直接製品を取り付けられるため、防汚・防虫対策が可能です。

 

同じカテゴリの現場レポート

排熱処理に工夫した筐体組立・配線②

4チャネル分の電源、温調器が収容された筐体の組立・配線