WORKS

実装実績

弊社がこれまでに手がけた
実装事例をご紹介します

スポットフローはんだ付け装置

スポットフローはんだ付け装置

お客様からのご相談

表面実装部品がプリント基板全体に占める割合が多くなって
きたとは言え、コネクターや大型コンデンサーなど、DIP部品も
電気回路には欠かせない存在。
そんなDIP部品の交換やリペアー時に活躍するのが「スポットフロー
はんだ付け装置」です。

解決策

“「スポットフローはんだ付け装置」
装置内部にはんだ槽があり、はんだの融点より高めの温度設定(共晶はんだの場合約230~240℃)とすると、
ノズルから融解したはんだがあふれ出る仕組みです。
このノズルに、予めフラックスを塗布したDIP部品の足(基板の裏側)をかざすことによりはんだ付けされます。
他の部品のはんだ面に影響が出ないよう、マスキングテープなどで対策しておく必要があります。”

同じカテゴリの実装実績

ご支給基板の不良原因

耐熱プリフラックス製基板をご提案

調達部品払い出しに新兵器

実装DIP部品の数量計測

お問い合わせはこちら