REPORT

現場レポート

制作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

実装作業の準備中

実装作業の準備中

詳細

本日は基板実装の準備中。
上の写真は、リール部品をテープフィーダーにセットしているところです。この後、マウンターにセットして搭載作業を行っていきます。今回使用するリール部品は、全部で約40個。

マウンターは自動で部品を搭載してくれますが、「どの部品を」「どこに」「どの順番で」「どの角度で」載せるかは、人が指示しなければいけません。
「機械が自動でやってくれるんだから、誰でもできるんじゃないの?」と思うでしょうか。

実は、基板実装で最も知識と経験が必要なのがこの作業。マウンターのノズルが部品を吸着する位置や高さ、搭載する角度を微調整し、最適化する必要があります。
ひとつひとつの部品それぞれに設定するので、今回は約40回、設定作業を行うことになります。

マウンターの設定中
「全ての部品に最適な設定を行う」。
口で言うのは簡単ですが、実際には機械のクセを踏まえつつ、狙った位置や高さに調整する熟練の経験が必要なのです。

きちんと最適化ができていると、部品のズレや接続不良のない、見た目にも美しい仕上がりになります。

ポイント

機械を知り尽くし、狙い通りに搭載する設定ができる。そんな熟練の経験と知識を持つ技術者たちの存在が、相信の品質を支えています。

「確かな実装技術を持つ会社に依頼したい」というお客様は、ぜひ相信へご相談ください。

同じカテゴリの現場レポート

お問い合わせはこちら