REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

基板のコーティング作業

基板のコーティング作業

 

実装基板サイズ:300㎜×230㎜、140㎜×46㎜

構  造:2L

材質・板厚:FR-4 t=1.6㎜

実装形態:1S+D

実装上の特徴:筐体付き2面付け+5面付け複合基板

 

 

 

 

 

 

詳細

基板の使用環境において、湿度が高いことが想定される場合、部品の防湿、防塵の目的で基板用のコーティング作業を行います。
実装完了後、部品の一部をマスキング保護してから、実装面、半田面の両面にコーティング剤を塗布しました。スプレーで噴霧後、30分以上乾かしてから再度スプレーし、吹き漏れのないように二重、三重にコーティングを行います。導通までは24時間空けることで、部品の故障などを防ぎます。

ポイント

今回のコーティング作業では、臭気性が低く比較的安全な製品を使用していますが、化学薬品を取り扱うため、通常では防毒マスク(GM77)の使用、作業用メガネの装着、作業環境を整える等、安全な作業のために注意を払います。

相信では、お客様の様々な使用目的に応じた基板実装の作業工程に対応しています。

同じカテゴリの現場レポート

3D自動外観検査装置の導入にむけて②

3D自動外観検査装置による半田付け検査自動化

お問い合わせはこちら