REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

ハンディタイプ計測回路用基板(はんだ面)

ハンディタイプ計測回路用基板(はんだ面)

実装基板サイズ:173㎜×230㎜

構  造:2L

材質・板厚:FR-4 t=1.6㎜

実装形態:2S+D SMD・DIP混載実装

実装上の特徴:電極間ピッチ0.8㎜ 44pin TQFPデバイス

詳細

本日ご紹介の基板は形に特徴があります。まるでお山の形に火口のある「活火山」のようです。もちろん噴火はしませんよ!?
この基板の製品はハンディタイプの測定器です。ハンディタイプならではの小型化と測定する上で都合の良い形なのです。
そのため筐体に内装される実装基板も部品でギッシリなので、筐体の形に併せた形となりました。基板のスミまで部品が実装され「活火山」にも円弧を描くように部品が配置されています。
このように完成品になると、なかなかお目にかかれない基板ですが、回路設計はもとより、配置設計、そして「実装技術」によってその製品が成り立っているのです。
まず実装前の電源回路(各Vcc-GND間)で短絡チェックを行ってから、ハンダ面(裏面)の実装から行っていきます。

明日は部品面の実装の様子をご紹介予定です。

実装基板
Vcc-GND間短絡チェック
実装基板
ハンダ面(裏面)実装

ポイント

異形基板でお困りのお客様も一度弊社にご相談ください。お手伝い、アドバイスなど親身に対応します。

同じカテゴリの現場レポート

お問い合わせはこちら