REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

筐体取り付け部品とハーネス

筐体取り付け部品とハーネス

実装上の特徴:筐体組み込み部品の配線準備

 

 

 

 

詳細

7月15日投稿の完成基板は、その後筐体に組み込み配線しユニットとして仕上げます。通常、筐体部品は予め所定の位置に取り付け、ケーブルハーネスを準備して端末を結線して仕上げる方式が一般的です。しかし、このたび、筐体中央の基板モジュール上のコネクタで各々筐体内部品とを接続し集約する構造です。よって、各個別部品からコネクタプラグ付きリードを引き出し、最後に基板上のコネクタに差し込むことで完成します。

 

 

ポイント

写真に見えるファンモータはNidec(日本電産)製の超小型ファンモータで外形が25mmのものです。コネクタも日圧(日本圧着端子製造)のSHシリーズを利用しています。

 

 

同じカテゴリの現場レポート

お問い合わせはこちら