REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

特殊電源装置

特殊電源装置

 

実装基板サイズ:800㎜×480㎜×380mm

構  造:板金加工筐体

材質・板厚:アルミ A5052 t=3.0㎜

実装形態:塗装仕上げ

実装上の特徴:モジュール電源 メカニカルリレー 端子台 メタルコネクタ

 

 

 

 

 

 

詳細

大型電源ユニットの組み立て及び配線作業

AC200V電力を取り込み、電源トランスで100Vに降圧させ、NFBや手動操作スイッチを介して外部に分配する。また、AC200V入力型市販モジュール電源で構成したDC電圧の、任意出力が可能な総合ユニットです。

各機能ユニットに配電制御します。

ポイント

構成するパーツは、基板上の部品と違い、すべてワイヤーケーブルで結線します。ユニット間の結線はメタル型の電力コネクタや端子台を多用します。ワイヤのサイズは大電流部において最大12平方mmあり、圧着端子を利用して接続します。半田付けで直接結線はありません。抜き差し可能なコネクタと大型の端子台を介して結線する構造に設計しました。

仕上げは塗装色にレザートーンを加え、光沢を抑えてキズなどが目立ちにくいよう配慮しました。金属材を利用した筐体から、樹脂成形の既製品応用追加加工品、また3Dプリンタによる樹脂及び金属形成が可能です。

お問い合わせはこちら