REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

機器操作ユニット用基板

機器操作ユニット用基板

実装基板サイズ:296㎜×204㎜

構造:2L

材質・板厚:FR-4 t=1.6㎜

実装形態:1DS

実装上の特徴:電極間ピッチ0.65㎜ 14Pin TSSOPデバイス

詳細

ただいまマウントデータを作成中です。
今回は初めてのご依頼のため、基板実装にあたりマウントデータの作成を行っています。ここでは基板の寸法や各部品の座標・角度などのデータを登録していきます。「どの大きさの基板を使って」「どの部品をどの位置に配置するか」を指定するのです。

人間は回路図と部品表を見ればどこに何を配置するかが分かりますが、マウンターには分かりません。そこで、マウンターが理解できる情報に変換し、回路や部品の位置関係などを伝えます。

マウントデータ作成はいわばマウンター語への翻訳作業ともいえますね。

マウンターを終えたところ。正しい位置に搭載されているか確認し、この後リフロー工程へと入ります。

リフロー工程前の基板の様子です。今回は試作ということでまずは8面中2面のみ部品を実装しました。

ポイント

こちらはA/W設計から筐体・配線までご依頼いただきました。
相信ではA/W設計・部品購入・基板製作・実装・筐体・配線をワンストップで承っております。手間の多い部品調達も当社にお任せください!ご相談はお電話またはお問い合わせフォームからどうぞ。

(基板実装10359)

お問い合わせはこちら