REPORT

現場レポート

製作実績をはじめ、現場の
取り組みや日々の活動をご紹介

電源回路基板(組立検査)

電源回路基板(組立検査)

実装基板サイズ:116㎜×65㎜

構造:2L

材質・板厚:FR-4 t=1.6㎜

実装形態:1DS SMD・DIP混載実装

実装上の特徴:電極間ピッチ2.54㎜ 6pin DIPデバイス

詳細

ドーンとそびえる変圧器とヒートシンク、その横でちょこんと佇む白いフォトカプラ…見覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうです、以前ご紹介した、電源回路基板です。本日は組立検査を行っています。

基板の導通検査

熟練技術者Aさんがやっているのは導通検査。電気的につながっているかを確認しているところです。本日の検査では、この導通検査のほか、配線長さや部品の圧着状態、外観などをチェックしていきます。

 

こちらは3つのパーツからなっており、これらが組み合わさってひとつの製品が完成します。

パーツごとに組立検査

ポイント

当社のPWB実装oneでは、A/W設計から基板製作・部品調達・実装・組立配線までの全工程はもちろん、どの工程からでもご依頼いただけます。実装メーカならではの技術力・調達力で、お客様の生産計画をサポートいたします。

お困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください!

(基板実装10382)

同じカテゴリの現場レポート

パワーアンプ回路基板 

DAコンバーター AD5544ARSZ 

DCコンバーター基板

電極間ピッチ0.5mm 144pin TQFP-144

お問い合わせはこちら